新庄・最上地域の医療拠点として地域の皆様のお役に立ちたい

ホーム > 院長コラム

院長コラム

Vol.156 高齢者の終末期における経管栄養

 今回は、加齢や認知症などで回復の見込みがなくなった高齢者への経管栄養について考えます。

 消化器の機能が保たれている人に、胃腸に入れたチューブから栄養を供給することを経管栄養と言います。点滴と異なり必要な水分と栄養をほぼ完全に提供できるので、長期に生命を維持することも可能です。経管栄養の主な経路には、経鼻胃管と胃瘻(いろう)の2つがあり、前者は細長いチューブを鼻から喉を越えて、食道から胃の中に先端を進めます。簡単に始められますが、チューブが細長いので、液体しか入れることができず、薬で詰まってしまうこともあります。鼻から喉に強い違和感を生じるので、意識がある患者さんは苦しくて抜いてしまうことがあります。それを防ぐために、指でつまめないように介護ミトンと呼ばれる大きな手袋をはめたり、手を縛ったりするなどの「体幹抑制」と呼ばれる処置が必要になることが少なくありません。胃瘻は、上腹部の皮膚から直接胃に太短いチューブをいれるので詰まりにくく、違和感は少なく、構造も抜けにくいので、自分で抜いてしまうことは稀ですが、抜けた状態で放置すると穴がふさがってしまいます。

続きを読む

・過去に新庄朝日等に掲載されたコラムがご覧いただけます。

平成25年