新庄・最上地域の医療拠点として地域の皆様のお役に立ちたい

ホーム > 院長コラム

院長コラム

Vol.168 同性愛者の『生産性』は本当に低いのか? 

 新潮社の総合雑誌「新潮45」が昨年10月号で休刊になりましたが、実質的には廃刊と言ってよいでしょう。きっかけは8月号で自民党の国会議員が、「『LGBT』支援の度が過ぎる」というタイトルの論文で、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供をつくらない、つまり『生産性』がないのです」と記述したことです。『生産性』という言葉が差別的であると批判され、10月号でこの発言を擁護する論文が更に問題となり、新潮社も校閲体制に大きな問題があると認めたため休刊に至りました。

続きを読む

・過去に新庄朝日等に掲載されたコラムがご覧いただけます。

平成25年