新庄・最上地域の医療拠点として地域の皆様のお役に立ちたい

ホーム > 院長コラム

院長コラム

Vol.160 大師匠から学んだことは

 私には大師匠と呼べる外科医がいました。医者になって初めて勤務した病院の院長兼外科部長のK先生です。初期研修と外科研修で計6年間薫陶を受けました。日頃は院長業務が多忙で、外科医として直接指導を受けたことはほとんどありません。とにかく怖い存在で、週に一度の部長回診は緊張の連続で、毎回のように説教が待っていました。若くて不甲斐ない私を十分に指導する時間と機会がないので、せめて短い間に鍛えようとしておられたのでしょう。回診終了後には研修医の控室で放心状態になっていたことは今となっては懐かしい思い出です。

続きを読む

・過去に新庄朝日等に掲載されたコラムがご覧いただけます。

平成25年