新庄・最上地域の医療拠点として地域の皆様のお役に立ちたい

ホーム > 院長コラム

院長コラム

Vol.172 認知症患者には自己決定権はないのか

 認知機能が低下した高齢者は、物を飲み込む機能が衰えることが多く、そのままでは栄養が不足して衰弱が進み最終的には死に至ります。それを防ぐために経管栄養を行うことがあります。経管栄養には大きく分けて、鼻から細長い管を胃にまで入れる経鼻胃管と、内視鏡を使って上腹部から直接胃に短い管を入れる胃瘻(いろう)があります。前者は、簡単に始められますが、挿入する際の苦痛が強いだけでなく、日頃の不快感もあるので、ある程度意識があり、手が使える患者は抜こうとします。医療側としては抜かれると困るので、可能性が高い場合には医療用の手袋を着けて指が使えないようにしますが、それでもダメな場合はベッド柵に手を縛ることもあります。一方、胃瘻は造設時のリスクは経鼻胃管よりありますが近年は安全性も高くなり、日頃の苦痛は経鼻胃管より圧倒的に少ないので抜去されることも稀です。チューブの交換の頻度も少ないので、長期的な経管栄養の経路としては優れています。

続きを読む

・過去に新庄朝日等に掲載されたコラムがご覧いただけます。

平成25年